オーケストリオの音楽家たちが3日の朝に名古屋へ車で移動したのを追っかけて、4日の昼に万博会場へ足を運びました。半日スイス館にいて、副館長のニーゼルさんのおもてなしを受け、音楽とスイス料理を楽しむことができました。 
 音楽家たちは、このあと八王子や横浜などでコンサートを続け、6月12日にスイスに帰国しました。この次は8月にまた来日して、各地でセミナーや演奏活動をする予定です。

 今度の大阪での予定は、
9月3日(土)高石市のアプラホールで、

「リ・アルティジャーニ」コンサート
です。
    バイオリン  : 河村典子
   アコーディオン : オレク・リップス・リュミアンツェフ
    コントラバス : 白土文雄


詳しくは、Office WMY ホームページへ

あなたと心豊かなひとときを過ごせますように!
 スイス在住のバイオリニスト河村典子さんとコントラバス奏者の白土文雄さんの御夫妻に巡り会って以来、親しくおつき合いさせていただくようになって3年になります。
 WMY企画が主催する大阪でのコンサートも、昨年のイベント『縁』に続いて回を重ね、6月2日には『茶と音楽のこころ』として、白土夫妻とギターリストのワルター・ギーガーさんとフィリップ・ニーゼルさん(愛・地球博スイス館・副館長)をお迎えし、トークコンサートを行いました。
 30年間スイスに住む日本人音楽家がスイスの仲間と奏でる「音楽のこころ」と、30年を超えて日本に住むスイスの茶人が語る「茶のこころ」とにふれることによって、私たちもこころ豊かなひとときを過ごすことができました。
  Talk Concert  「アルペン・ファンタジー」

          < 2005.6.2(木) 桜ノ宮アンサンブルホールにて >
2005.6.4 (土)
       愛知万博スイス館でのコンサート


音楽の泉