ちずこの体験的議会用語集は、議会のことがよくわかり、おもしろいと好評で、富田林市内のみならず、全国からも、たくさんのご意見やご質問、お励ましをいただきました。

そこで、これまでの形を変え、読者と対話するQ&Aとして編集しなおしました。

毎日の日記形式で適宜書き加えていきますので、新たなご意見やご質問をお待ちしています。
ちずこの体験的議会用語Q&A
Q1
    市議会はいつ開かれて、どんな日程ですか。

A1
   定例議会は年に4回、3月・6月・9月・12月にあり、会期は20日前後です。通常、本会議が5日間、常任委員会が3日間ですが、その合い間に上程された議案を検討したり、一般質問の準備をしたりで、結構忙しい毎日を過ごします。

Q2
   富田林市議会では、議員が議会で質問するのにどんなルールがあるのですか

A2
   議員が質問する時には、議会初日までの1週間の間に質問通告書を提出します。その通告書には、質問したい項目の内容を具体的に列挙し、それを読んで理事者側が回答できるように書きます。
  一般質問の中には、会派を代表して行う代表質問と議員個人で出す個人質問があります。私の場合、会派には属していませんので、毎回個人質問となり、代表質問のあとになります。

 質問時間は1976年以来、代表質問と個人質問にかかわらず、議員一人当たり60分が保障されており、どんな立場の議員であっても一人一人の発言権を尊重するという点に関して、富田林市議会は大変民主的に運営されていました。
 しかし、2004年2月23日議会運営委員会の決定により、2004年の第1回定例議会からは個人質問が20分以内とされるようになりました。議員の発言を制限する動きに結びつくことによって、民主主義の後退にならないよう念願します。
  
Q3
  富田林市議会議員はどうして24名から22名になったのですか。

A3
  2003年の3月議会で、議員定数条例が改正され、22名になりました。
経費削減ということが賛成者の主な理由でしたが、私は民主主義の門戸を狭めるものとして、定数削減には反対しました。経費削減を言うなら、議員報酬を下げればいいことと主張してきましたが、未だにその議論はされていません。詳しくは、富田林市議会2003年3月議会を検索していただければ、私の反対討論の全文を掲載しています。

Q4
 富田林市議会では、会派とはどういうものですか。

A4
 「議会運営の手引き」によれば、『2名以上の所属委員をもって構成する交渉団体』とされています。また一般的には、政治的に同じ考えを持った議員が集まって作る議会内の任意団体とされていますが、異なる政党に所属している者同士で組むこともあり、政策が一致しているよりは利害関係が一致した議員同士が組むことが多いそうです。
 富田林市議会では、一人会派は認められていません。従って全くの無所属である私は『会派に属さない議員』として別の扱いをうけます。

Q5
 会派に属する場合と属さない場合とで、議員の扱いが違うのですか。

A5
 一人の議員は、会派ではなく個人として選挙人に選ばれたものですから、基本的に同じ議決権と発言権が保障されるべきです。ところが、会派制を取る議会では、議会や委員会を議員の数で運営しようとしています。これは組織の論理です。大きな会派ほど議員個人は数のうちの一人になってしまいます。一般質問を除き、議会での質疑・討論などは、代表者がしても会派に属さない議員一人がしても同等で、むしろ私のような会派に属さない議員の方が、組織に縛られることなく、自由に市民の立場に立った意見表明ができます。

 ただ、議会を円滑に運営していくためには数の論理が必要なようで、議会運営委員会や特別委員会・幹事長会議(会派代表者会議)では、無会派議員は委員になれません。議長や副議長・監査委員と言われる三役と農業委員や組合議会への派遣議員も会派単位で調整されますので、よほどの例外としてしか無会派議員は選出されることはありません。
 また、正式な行政視察は2人以上とされているため、私のような立場で一人で行くことは認められません。常任委員会からの行政視察もなくなりました。従って、視察は会派単位で行くのが通例となってきており、そのための費用が政務調査費に含まれてか、会派に属する議員には一人あたり月10万円が支給され、会派に属さない議員には、月5万円と,平成13年3月27日、条例第15号「富田林市議会政務調査費の交付に関する条例」で定められました。

Q6 
 市議会の傍聴はどのようにしてできるのですか。

A6
 議会の傍聴は、議会棟3階の受付で、当日、受付簿に住所・氏名・年齢を記入すれば、どなたでもできます。ただ、傍聴席が40席しかないため、40人を越えることが予想される場合は、先着順に傍聴券を発行し、傍聴席に入る時に提示が必要なこともあります。
 尚、2003年12月議会から議場と委員会室でモニターが設置されており、1階のロビーと3階の傍聴者ロビーで、テレビ画面を通じて傍聴することができるようになっています。

Q7
 委員会の傍聴はできるのですか。

A7
 富田林市議会委員会条例第19条によれば、『議員のほか、委員長の許可を得た者が傍聴することができる。』とあります。ただ、委員会室が狭い場合は定員5名と制限されることもあり、別室で音声傍聴となります。

 音声傍聴の場合は、マイクを通して別室の声を拾うわけですから、聞き取りにくいこともあり、発言者の顔も見えません。また、協議会に切り替えられた場合や休憩中は、マイクも切られますので、別室では委員会室の様子は全くわかりません。傍聴とは、傍で聴くことでしょうから、別室での音声傍聴を「傍聴」と言えるのかどうかは、議論の分かれるところです。

Q8
 暫時休憩とはどのような休憩ですか。

A8
 休憩動議は、他の議事に先立って議題にしなければならない「先決動議」となり、議長・もしくは委員長の権限で「暫時休憩」を宣告された場合は、すべての会議は休止状態に入ります。従って、公式な記録も残されませんし、いつまで休憩が続くかは誰にもわかりませんので、議員や執行部は自席を離れてもいいことになっています。ただ、再開に備えて少なくとも庁内で、待機しなければなりません。その時によっては15分で再開される場合もあれば、数時間かかる時もあります。その間、誰かがどこかで再開のために汗をかいてくれているようです。

Q9
 請願はどのようにすればいいのですか。

A9
 請願書に、日本文で、請願の趣旨、提出年月日、請願者の住所と氏名(法人の場合はその名称と代表者名)を記載し、請願者が押印をします。そして、その請願の趣旨に賛成し、実現のために努力してくれるような紹介議員の署名と押印をもらいます。この紹介議員は、その請願が付託される常任委員会以外の議員で、一人、またはそれ以上とされています。

 請願の提出は、定例議会中の場合、議案質疑の日までにされれば、その議会での常任委員会付託となって、委員会で審議されます。そして、いったん委員会で、採択か不採択かを採決しますが、その結果にかかわらず、議会の最終日で賛成・反対の討論の後、採決がとられます。

 請願は住民の権利ですから、外国籍の人を含め、誰でもできます。私は総務委員会に属していますので、賛同できる請願には可能なかぎり、一人であっても協力します。
 請願書の形式は、富田林市議会のホームページで、または議会事務局にお問いあわせください。

Q10
 請願が採択されたのに意見書が提出されないのは何故ですか。

A10
 これまで議会運営委員会の決定事項には「全会派一致の原則」があり、一会派でも意見書提出に反対すれば富田林市議会としての意見書は提出しないということが慣例でした。しかし2004年3月以降は、、常任委員会や議会で「意見書提出を求める請願」が採択された場合に限り、全会派一致を解除することになりました。